忍者ブログ   
admin
  物書き・杜康潤のブログです。お仕事情報などを掲載。現在は主に三国志と中国のネタを描いております
                       
   

KADOKAWA のComicWalker・ニコニコ静画・pixivコミックで連載していた
『梨花の下で 李白・杜甫物語』の単行本が、7月26日発売となりました!


舞台は中国唐代、玄宗皇帝が君臨していた頃。
のちに詩仙・詩聖と並び称される李白・杜甫と、
その時代に居合わせた阿倍仲麻呂たちの物語です。

第一章は主役が阿倍仲麻呂/相方に李白 
第二章は主役が李白/相方に杜甫 
第三章は主役が杜甫/少し仲麻呂 …と、
章ごとに主役が交代していく構成になっています。

既に「あ、もしかして」と思われている方も
いらっしゃることと思いますが
楊貴妃や安禄山も登場します。
王維も(ちらっとですが)出てきますョ。


本の内容は、帯の文章にある
「唐代最盛期、天才たちの出会いが普及の名作を生んだ」
「何を受け継ぎ、何を伝え、詩人たちは歴史に名を刻んだのか」
(文章:担当関口さん)
という言葉への答えを、全て詰め込んだものとなっています。


例の如く、今回も中身がパンパンになりました。
少しでもお楽しみ頂けましたら幸いです。



*Special Thanks*
今回もたくさんの方に支えて頂き
こうして単行本を出すことが出来ました。

万全のサポート&とんでもない仕事力で、
最後まで伴走して下さった担当編集・関口さま。
今回もしびれるほどにカッコ良い装丁をして下さった
デザイナーの浜崎正隆(ナルティス)さま。
連載をさせて下さったKADOKAWA&中経出版の皆様。
製版担当の方々。水墨画の件ではお手数をおかけしました。
そして製作・流通・販売に関わり、お力添え下さっている
全ての皆様に心より感謝申し上げます。




ここから下は、ネタバレも含みますので
単行本をご覧になったあとに
読まれることをオススメします。


   

   

今回の連載&単行本でも
たくさんの新しいことに挑戦させて頂きました。

挑戦1:主人公をリレー形式にする

先ほども描いたとおり、この物語は

第一章は主役が阿倍仲麻呂/相方に李白
第二章は主役が李白/相方に杜甫
第三章は主役が杜甫/少し仲麻呂 …と、
章ごとに主役が交代していく構成になっています。

主人公を変えていくことで、
外からは見えなかったその人の本音の部分と
相方になる人物の魅力が描けるという良さを実感しました。

ただ、この方面に詳しい方の中には、
「杜甫と仲麻呂の間に、交流ってあったの?」と
疑問に思われる方がいらっしゃるかもしれません。

仲麻呂と李白、李白と杜甫の間に交流があったことは
記録にも明かですが、杜甫と仲麻呂の交流があったことを
明確に示すものは残っていません。

ですが、三人の年表を丁寧に書き並べていった時に
数年の間、同時期に仲麻呂と杜甫が長安にいたことが
確認出来たんですね。
そして、それぞれの状況を考えた時に、
こんな形での出会いなら、あっても不自然では無いなと
思い至り、この流れになりました。
「もしかしたら、こうだったかも…」な
杜甫と仲麻呂の関係を、どうぞお楽しみ下さい。



挑戦2:漫画の中に「水墨画」を埋め込む

この物語の大事な要素である「詩」を表現する際に、
どうしてもやってみたかった事です。 
アナログで描いた水墨画をスキャンして、
デジタル原稿に合成するという形で作成しました。

印刷に出やすいよう気は配ったつもりですが、
製版担当の方にかなりお手数をおかけしたようです…。
すみません!でも、ありがとうございます!!
お陰様でものすごく良い画面になりました。
読者さんにもお楽しみ頂けたら幸いです。


阿倍仲麻呂という天才はもとより
李白・杜甫という中国史上最大の詩人たちを描くというのは
実に遙かなる作業でした。
情報量も感情量も、質量も全てがとんでもないですね…。
ボコボコにはなりましたが、描きながらいろんなことを
勉強させて頂きました。
お三方のお心に、少しでも叶う仕上がりになっていると
いいなとも思っております。
PR
   
   
                 
  
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
これまでの著作
プロフィール
HN:
杜康 潤(とこう じゅん)
HP:
性別:
非公開
職業:
物書き(マンガ・時々文章)
趣味:
旅行、写真
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) イヌモアルケバボウニアタル ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++