忍者ブログ   
admin
  物書き・杜康潤のブログです。お仕事情報などを掲載。現在は主に三国志と中国のネタを描いております
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
  
   
   
                       
   

『まんがホーム』(芳文社、毎月2日発売)で連載中の
三国志4コマまんが「孔明のヨメ。」第7巻、
ついに本日発売となりました! 



今回も沢山の方のお力添えをいただきました。
本当にありがとうございます!!!


三国志一の大軍師になる前の、諸葛孔明と妻・黄月英の物語。
この巻では「劉備に仕える事になった徐庶の、初仕事」からスタート。
蔡瑁の暗殺計画で大ピンチに陥った劉備を
いかに救出するのか!?
荘園の安全問題に悩む月英に、孔明はどんな声をかけるのか。
今回も政治・陰謀・青春・いちゃラブ…あらゆるものを
詰め込んだ 仕上がりとなっています。
少しでも楽しんで頂けたら幸いです♪

<購入特典情報>

全国の一部書店で購入された方に、特典が付きます。
今回もたくさんの書店様にご協力頂いております。
本当にありがとうございます!
※配布期間は各店舗さまにより異なり、
なくなり次第終了となります。 ご了承ください。
※「☆」を押すと書店さんの公式サイトへジャンプします。


<特製カラーイラストカード付き書店様>
雑誌「まんがホーム」の表紙を飾ったイラストのうち、


ご好評いたただいたものベースに仕上げています。



◎アニメイト 全店  



表紙カットのお題が、確か「行楽」だった時のもの…です。
孔明&月英が、四川省臥龍地区のパンダ幼稚園へ
遊びに行ったらこんな風かな、とイメージして描きました。
毎年、生まれたてのちびパンダが動いているニュースを見ては、
身もだえている作者です(笑)。
上野のパンダも元気に育つと良いなぁ。南紀白浜にも行ってみたい。

◎ゲーマーズ 全店(18店舗、オンラインショップ) 



この時のお題は「ハロウィン」でした。
今更言わなくても良いことかもしれませんが、
彼らの生きる中国漢代には存在しない習慣です(笑)。
せめて中国っぽいネタで仮装出来ないかなー…と思って
キョンシー月英&道士孔明にしてみました。
月英の服は、清代の官服(役人の服)を、
孔明の服は、道教の一派「正一教」の道服をアレンジしたものです。
(正一教…道教の中でも後漢末の五斗米道に遡る、古い宗派)
無駄にこだわってます(笑)。


◎コミックとらのあな 各店 



この時のお題は「チアガール」。
後漢に生きる月英は、露出の多い服は恥ずかしいと 感じるので、
基本的に着たがりません。
露出を減らし、最新の素材という設計にしたら
やっと着てくれました。
大変悩んだ1枚ですが、中華風アレンジも上手くいった
という感覚がありまして、とても気に入っている絵でもあります。



COMIC ZIN 各店 



この時のお題は「雨上がりの虹を見上げるシチュエーション」。
珍しいお題の出され方だったのですが、場面設定が明確だった
おかげで、一気にイメージが湧いて描き上げた1枚です。
甘甘イラストは楽しいですね(笑)。
バックに配置した模様は「雨龍」という模様です。



◎福家書店 全12店 




この時のお題は「秋の味覚」だった…はず(うろ覚え)。

当時の中国にはすでに西域から「葡萄」が伝わっておりました。
ごく一部の栽培で高級品だったようですが、
黄承彦さんちなら、きっと菜園持ってるよ、と思いまして(笑)。
特に葉っぱの塗りが気に入っています。

丁度暑い時期の発売なので、さわやかな背景を置いてみました。



◎電子書店 各店 



これは「まんがホーム」の表紙ではなく、
昨年まんがタイム各誌に宣伝まんがを掲載して頂いた時の ものです。
掲載時はモノクロで、カラーとしては初蔵出しの イラストですね。
4巻以降、孔明先生が月英に対して非常に積極的です。
作者としてもありがたい限りです(笑)。

                    (以上順不同、敬称略)



<特製描き下ろし


メッセージペーパー配布書店さま>(一部)




今回は「夏祭り」をテーマに作ってみました。
みんな普段から着物を着ているので、
着こなしバッチリでしたが
徐兄が突出してました。ずるい…(笑)。


◎喜久屋書店グループ(一部店舗を除く) 

◎書泉・芳林堂書店  書泉 芳林堂 
◎ヒバリヤ書店コミックランドヒバリヤ 
◎ブックファースト 新宿店他一部店舗 

◎明屋書店イケヤ高林店  
◎丸善&ジュンク堂書店 梅田店ほか一部店舗 
◎丸善丸の内本店 
 
◎わんだ~らんど なんば店  
 

             (以上順不同、敬称略)



★他にも配布して下さる書店さんがたくさんあるとのこと。


単行本と一緒にお楽しみいただけたら幸いです。    


 

PR
   
  
   
   
                       
   
人生、ホントにわからぬものです。
青春時代に夢中になった小説家の先生の、
三国志作品に書評を書かせて頂く日が来るとは
思いませんでした。

しかも、その本の発行が
自分の連載作『孔明のヨメ。』第7巻の発売と一緒!
(いったいどんなご褒美なんだ…)
頑張っててよかったなぁ…とじんわりしております。


というわけで、ご紹介するのがこちら。
文庫版『泣き虫弱虫諸葛孔明』第四部 (酒見賢一著)



文藝春秋BOOKS 公式サイトはこちら → 
※お試し読み・オンライン購入・電子書籍購入が出来ます 


小説を読んだ経緯、作品についての感想・考察は
巻末の所で書かせて頂きました。
ここで言えるのは、ただ一言。

面白かったです!!!

そして、もう一つ。

「文庫第壱部〜第四部までの 
 電子書籍版同時刊行」だそうです。

単行本第伍部が4cm強、
文庫版第四部も2cmオーバーという厚さなので
通勤通学の際に読みたい方は
電子書籍が便利かもしれません。

『孔明のヨメ。』7巻とともに、よろしくお願い致します。


14:50 追記
完結巻である「単行本版 第伍部」も
電子書籍化されてますよ。

最後まで一気に読みたくなってしまった方、
お好きな電子書店さんでどうぞ(笑)。

   
  
   
   
                       
   

「『孔明のヨメ。』で
 徐庶の偽名の「単福」、読みが「たんふく」となっていますが
 正しくは「ぜんふく」では?」 
上のようなお問い合わせが編集部経由でいくつかありました。


一度まとめて書いておいた方がいいかな、と思いましたので
ブログに書かせて頂きます。

回答は3種類用意しました。
お好きなところをご覧下さい。


<やわらかく知りたい方へ>→すぐ下をご覧下さい
<より詳しく知りたい方へ>→「続きを読む」を押して下さい
               ※超長いよ!!!
<作家の視点から>→<より詳しく…>の下の方をご覧下さい
               ※さらに長いよ!!!


<やわらかく知りたい方へ>

近年の三国志作品から「ぜんふく」の方が
馴染みがある・正しいと感じる方も多いでしょうし、
現在そちらが通例になりつつありますね。

ですが『孔明のヨメ。』では
「単家(たんか/権勢の無い家)の出」という要素と
「福(改名する前の名。親からもらった名前)」とを掛け合わせ
「たいした男じゃないよ、単なる福だよ」という意味の偽名とし
読みを”単家”からそのまま引用して「たんふく」という
読みにしました。

月英たちの時代の中国語(上古音)を調べてみても
「ぜん」というより「たん」に近い音のようなので
”じゃあよかろう”と判断してこれを採用しています。
(古代中国語を専門で研究されている方
(Mag462さん/ ツイッターアカウント)から、
この判断は適切では無いというご指摘を頂きましたので
この部分は削除いたします…8/10追記・8/13お名前追加)


    ツイッター上で頂いたお話をまとめると
   「上古中国語は周代から精々が前漢代が範囲で、
    三国代は中古中国語のがよっぽど近く、
    押韻や音訳などの記録を見ても三国代は中古の方が
    かなり近い(同じではない)様子。
    全てを中古で考えるのも不適当ではありますが、
    上古で考えてしまうよりはまだいい」
    とのことです。(8/13加筆)


※ただ、
「三国志検定」などで「一般に単福は何と読むか?」と聞かれたら
「ぜんふく」と答えた方が良いと思います。
「たんふく」という読みは『孔明のヨメ。』の
 創作上の設定として、お楽しみくださいまし(^^)ノ。





   
  
   
   
                       
   



『まんがホーム』(芳文社、毎月2日発売)で連載中の
三国志4コマまんが「孔明のヨメ。」第6巻が発売と
なりました!


今回も大変多くの方のお力添えをいただきました。
関わって下さった方、支えて下さった方、
本当にありがとうございます!!!

三国志一の大軍師になる前の、諸葛孔明と妻・黄月英の物語。
今回は徐庶の就活話です!(ドーン)
劉備や関羽・張飛も本格的に参戦!(ドドーン)
そして前巻にも増して
仲良しになっている、孔明と月英!(ドドドーン)


青春も政治も、陰謀もラブもつめまくった
てんこもりの6巻です。
少しでも楽しんで頂けたら幸いです^^。



<購入特典情報>

全国の一部書店さまでは
購入して下さった方に特典が付きます。

今回もたくさんの書店様にご協力頂いております。

本当にありがとうございます!

※配布期間は各店舗さまにより異なり、
 なくなり次第終了となります。

 どうかご了承くださいませ。
※「☆」を押すと書店さんの公式サイトへ
 ジャンプします。



<特製カラーイラストカード付き書店様>
 雑誌「まんがホーム」の表紙を飾ったイラストのうち、


ご好評いたただいたものベースに、


あちこちこだわりを追加して「特別仕様」に仕上げました。


◎ゲーマーズ 全店(18店舗、オンラインショップ) 


漢代の盛装をしている月英です(珍しい!)。
お正月号の掲載だったので
当時はめでたい赤い衣を着せていました。
季節に合わせて夏らしいメイクと衣にしております。


◎COMIC ZIN 各店 



寝る前恒例・模擬戦を楽しむ
月英と孔明です。
夏は肉まんじゃあついよな〜…
ということで、お夜食を「
桃」に仕様変更。
バックには二人の象徴である「龍と月」を添えて。
どっちにしろ甘甘です(笑)。

◎コミックとらのあな 各店 



「セーラー服と機関銃」ならぬ、
「セーラー服と弩」。
雑誌掲載時が春だったため長袖でした。
それを夏服にチェンジ。タイツも黒ストッキングに変更。
無駄にこだわってます(笑)。

◎文教堂 全店  

月英と孔明に日本のお祭り衣装を、な一枚。
今回は二人に”祭り化粧”を追加しました。
雑誌掲載時には隠れていた背中の模様を
ご紹介できて嬉しい限りです。
初公開「龍と月」。
やっぱりこのモチーフを使っていまいます(笑)。

 

             (以上順不同、敬称略)

<特製描き下ろし


メッセージペーパー配布書店さま>(一部)




今回は映画の予告調で作ってみました。
 ※「☆」を押すと、その書店さんまでのアクセス情報があるサイトへ
  ジャンプします。
 
◎K-BOOKS秋葉原新館 
◎喜久屋書店グループ(一部店舗を除く) 
◎書泉ブックタワー 
◎ヒバリヤ書店コミックランドヒバリヤ 
◎book express ecute 上野店 
◎ブックファースト 新宿店他一部店舗 
◎イケヤ文楽館 高林店 
◎丸善ジュンク堂 一部店舗 
丸善丸の内本店 

         (以上順不同、敬称略)



★他にも配布して下さる書店さんがたくさんあるとのこと。


上記の本屋さん以外でご購入頂いた本にペーパーが付いていましたら


それは本屋さんのおかげです。


心の中で「ありがとう」を呟いて下さいまし(^^)


単行本と一緒にお楽しみいただけたら幸いです。    

   
  
   
   
                       
   

コーエーテクモゲームス ”三國志”30周年記念商品
『三国志魂 ワイド版』発売のお知らせ

2016年1月下旬、『三国志魂 ワイド版』が発売となりました!
こちらの本は、
2012年3月に発売された『三国志魂』上下巻版の内容に
新要素を加えて再編集し、
コーエーテクモゲームス ”三國志”30周年記念商品として
発行されたものです。

コーエーテクモゲームス GAME CITY公式サイト →
”三國志”30周年記念 特設サイト→

<『三国志魂 ワイド版』はこんな本>

三国志大好きな漫画家・荒川弘&杜康潤による
 「三国志」コミック&エッセイ
 それぞれの担当は
 荒川→コミック&トーク 杜康→文章&トーク

・中国四大奇書『三国志演義』の始めから終わりまで(全120回)を
 荒川氏の「4コママンガ」と杜康の「あらすじ紹介」、
 そして2人の三国志愛てんこもりの「トーク」で
 紹介していきます。
・各回に、登場人物を解説する「人物紹介」コラムを掲載。
 更には「初登場」「お悔やみ」枠もあり、
 気になる人物の登場〜退場までバッチリ追えます!

・本のあちこちに「用語解説」が。
 各章の後ろには「コラムまんが」も付いています。

おかげでB5版・290ページ・厚さ2.2センチという
ごん太の本になりました(笑)。
ですが、お値段は1500円(税別)
かなりお得な仕様になっております。

三國志13をプレイして、久しぶりに『三国志』を一気読みしたくなった方
三国志が好きでたまらないぞう!というディープな方(笑)
三国志が長すぎて挫折しちゃったことのある方
三国志がはじめてで、どんな物語なんだろう?知りたくなった方…


全ての方を歓迎致します!
作者二人と一緒に、三国志を楽しみましょう^^♪

  <すでに『三国志魂』上下巻版をお持ちの方へ>
  その節は『三国志魂』上下巻版をご購入下さり、
  本当にありがとうございました!
  少しでも楽しんで頂けましたでしょうか?
  今回のワイド版発行にあたり、
  どんな違いがあるの?という方のために
  違う点をまとめてみました。
  よろしければご参考までにご覧下さい。
  <2012年3月発売の「三国志魂」上下巻版と、
   2016年1月末発売の「三国志魂」ワイド版との違い>
  ・本の大きさがA5→B5へ。
   マンガや文字が読みやすくなりました 
  ・表紙の荒川弘氏イラストが可愛い→カッチョイイ!に 
  ・1冊で三国志演義全120回がマラソン可能に 
  ・追加要素、有りです!



最後になりましたが、
コーエーテクモゲームス様、30周年おめでとうございます!!
現在に至るまでの三国志ブームの牽引役として
ずっと第一線を張られてきたコーエーさんに
心からの感謝と祝福を申し上げます。
コーエーさんの末永いご発展と
三国志文化が更に広まっていくことを祈念しております。    
  
   
        
  
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
これまでの著作
プロフィール
HN:
杜康 潤(とこう じゅん)
HP:
性別:
非公開
職業:
物書き(マンガ・時々文章)
趣味:
旅行、写真
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) イヌモアルケバボウニアタル ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++