忍者ブログ   
admin
  物書き・杜康潤のブログです。お仕事情報などを掲載。現在は主に三国志と中国のネタを描いております
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   
お久しぶりです、杜康です。
やっと、ご報告ができます!

本日発売の、『まんがホーム』(芳文社)にて
三国志4コマ漫画「孔明のヨメ。」が
連載スタートしました!!


情報は → こちら 


主人公は、黄月英。
三国志でおなじみ、諸葛孔明の女房です。
彼女から見た、孔明や後漢の世界を描いていきたいと
思っています。

三国志に詳しい方はもちろん、読んだことがない方にも
楽しんでいただけるよう頑張りますので、
どうぞよろしくお願いします☆

   

   
芳文社さまから、
「三国志で4コマ漫画を描きませんか?」というお話を頂いたのが、
今年の春のことでした。
人生の半分が三国志で出来ている上に、孔明追っかけて
中国留学までやってしまった杜康にとって、
「こんな幸せなことがあって良いのか?」と
心底喜んだのですが。

振り返ってみれば
 …自分 オリジナルの物語を
 作った経験  ほぼナッシング…(大汗)



大慌てで、オリジナル漫画の作り方を、
基礎から勉強しました…(冷汗)。

勉強していてしみじみ思ったのが、
普段描いているエッセイ漫画とは、全然使う脳みそを違うんだ、
ということ。

エッセイ漫画は、自分の感性・視点が主体で、
そこから対象物や周辺の人々との関わりを絡めながら、
漫画として仕上げていくのに対して、

オリジナル漫画の主体は、キャラも世界も自分で作成。
…オリジナルでストーリー漫画を描いている方たちを、
改めて尊敬しました(^^;)。


しかも、4コマ漫画の場合、スペースが限られているので、
「ちょっとこれ足してみようかな」をすると
すぐにスペースが埋まり、テンポも悪くなったり…。
1本の中で、どれだけのネタがやれるか、それを見極めるのも
なかなか難しい。

先人の方々の面白い4コマ漫画を読むと、
その裏に隠されている、技のすごさに驚かされます。
「うわー、どうやったらこうなるんだー?」なんて、
ネタ以外の所にも感動しちゃったりして…(笑)。


4コマ漫画は、全ての漫画の基礎だっていうけど、
ホントなんだなー…と思いながら、
今日もえっちらおっちら描いています。



まだ、どうしても時間はかかってしまってはいますが、
すごく楽しいですよ。イヒ☆
 

そして最近、気づいたことがあります。
若干ではありますが、レポート漫画のネームを切る時間が
早くなってきたような…?
これも4コマ修行のおかげでしょうか。



これからも、精進いたさねば! 
頑張ります(^^)。
PR
   
   
                 
  
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
これまでの著作
プロフィール
HN:
杜康 潤(とこう じゅん)
HP:
性別:
非公開
職業:
物書き(マンガ・時々文章)
趣味:
旅行、写真
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) イヌモアルケバボウニアタル ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++